夕暮れの街角 赤錆びたポスト
台所に立つ母の首元のほくろ
カラスが鳴きチャリが通り過ぎる
家の窓辺 家も年々と朽ちる
夜の暗闇 居間を照らす灯りとテレビ
むずかしい政治と夕食の景色
ふわり浮かんだ我々の妄想
それは夢の中へと進みゆくヨット


前へ | 戻る | 次へ