プログラミングがしたい大学生でも買える安いパソコン【再生パソコン】

374, 2022-05-09

目次

プログラミングがしたい大学生でも買える安いパソコン

中学、高校と勉強を続けて無事に大学に合格。
大学生になりやりたいこと、その1つがプログラミング。

この記事では大学生でも買えるプログラミングに使える安いパソコンを紹介します。
お金がない? 安く済ませたい?
そんな時はこの記事をご覧ください。きっと答えがありますよ。

では解説していきたいと思います。

関連記事
予算がないプログラミング初心者には再生パソコンがおすすめ
再生パソコンによるプログラミングの始め方【安い、1年保証】
【安い】プログラミングに使える古いパソコン【再生パソコン】
プログラミング勉強用のおすすめ再生パソコン【1年保証、メモリ8GB, Core i3~】
プログラミングの勉強用、再生パソコンのすすめ【激安】

夢の大学生活

大学生

苦労の末に受験を突破して無事に大学生に。
夢の大学生活!

サークルに勉強、恋に遊びに大忙しですね。
日本では大学は人生の夏休みと言われています。
後悔の無いように過ごしたいところです。

大学で何かやってみたい、そう考える人は多いものです。
そんな人が選択するものの1つがプログラミングです。

プログラミングがしたい

大学では時間はいっぱいある!
この時間を使って何か有意義なことをしたい。
そこであなたが選択したのがプログラミングです。

これからのIT時代、プログラミングができればきっと有利になる。
いいえ「きっと」ではなくて実際に有利になります。
私は元エンジニアですがプログラミングはおすすめします。

大学で打ち込んでいたものはプログラミング。
そんな大学生はきっと就活でも評価が高くなるかもしれません。
有名なソフトウェアでも作れれば大きな実績にもなります。

大学ではプログラミングを学ぼう!
これで決まりです。

でもお金はそんなにない

でもプログラミングをやりたいとなった時に必要になるものはいっぱいあります。
そういうものはお金を出して揃えないといけません。

でも大学生にもいろいろあります。
バイトに大忙しの大学生に勉強に大忙しの大学生。

バイトはしてないのでお金はそんなに持っていない。
月々の両親からの仕送りが頼みの綱。

プログラミングをやりたいけど揃えなきゃいけないものは沢山ある。
お金はもってないけどそんなこと可能なのでしょうか?

お金が無くてもプログラミングはできるか?

お金

お金がなくてもプログラミングはできるのでしょうか?
まったくの無一文はさすがに無理だけど、低予算でプログラミングはできないものか?

低予算でプログラミングができれば大学生活でプログラミングに打ち込める。
プログラミングに打ち込めたら大学生活は充実する。

結論を言うと低予算でもプログラミングは可能です。

しかしその前にプログラミングで揃えなきゃいけないものを整理しましょう。

プログラミングでお金がかかるもの

プログラミングでお金がかかるものは↓の通りです。

  • 教材

  • インターネット

  • パソコン

教材とは勉強に使う本や動画のことを言います。
プログラミングではインターネットも必須です。
そして一番必要になるのがパソコンです。

教材は無料でそろえようと思えば揃えることができます。
今どきはYoutubeなどで無料の学習素材を見ることもできます。

しかしインターネット回線はお金をかけないといけません。
インターネット無しでプログラミングをやるのは至難の業です。

そして何より一番お金がかかるのがパソコンです。
プログラミング用のパソコンは買おうとすると結構高いです。
10万~20万ぐらいします。

プログラミングはお金がかかる

このようにプログラミングではお金がかかるものです。
教材などはお金をかけずに揃えることもできますが、他のインターネットやパソコンは難しいです。

ですのでインターネットやパソコンに出費しないといけません。
インターネット回線はまぁ諦めるとして、中々痛いのがパソコンです。

パソコンは買おうとすると4万円ぐらいから買うことができます。
しかし新品の4万円のパソコンは性能がいまいちなことが多いです。
いざプログラミングをやろうと思ったら「もっさりカクカク」してストレスが溜まることも。

できればプログラミングをやるなら快適にやりたいところですよね。
そうなると低価格で性能の良いパソコンを手に入れる必要があります。

果たしてそんなことは可能なのでしょうか?

安くパソコンを手に入れるにはどうしたらいいか?

安くて性能の良いパソコンを手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?
低価格でしかも性能の良いパソコンなんて存在するのでしょうか?

そんなパソコンを販売して果たして企業は利益を出せるのか?
まず利益は出せないでしょう。

普通の企業は性能の良いパソコンは高い価格で販売します。
それが資本主義であり経済です。
こんなことは常識ですよね。

しかし、その常識をくつがえすパソコンが存在します。
それが「再生パソコン」です。

そんな時は再生パソコンがおすすめ

PC

再生パソコンであれば低価格で性能もほどほどに良いパソコンが手に入ります。
そんな夢のようなことが可能なのか?

これが実際に可能なのです。
再生パソコンを使えばプログラミングもできます。

ちょっとメモリやGPUを沢山使うプログラミングは難しいですが、プログラミングの入門レベルなら問題ありません。
再生パソコンは安く値段も3~4万円で手に入ります。
それでいて性能は……CPUはCore i3やCore i5などがあります。
メモリは8GB以上あるものが多いです。

この再生パソコンであればお金のない大学生活でプログラミングも可能になります。

再生パソコンでプログラミング

再生パソコンにはWindows OSが入っていることが多いです。
ですのでプログラミングをする分には問題ありません。

Windows10 Homeが入っている再生パソコンもあります。
Windows10であればWSL2という機能も使えます。
これを使えばWindows環境でLinuxプログラミングをすることもできます。

つまりWindowsの入った再生パソコンを買えばWindowsとLinuxの2つの環境でプログラミングができます。
1粒で2度おいしいとはまさにこのこと。
プログラミングをやるならWindowsで決まりですね。

再生パソコンであればWindowsも問題ありません。

再生パソコンとは?

それで再生パソコンとは一体どういうパソコンなのでしょうか?
再生パソコンは中古のパソコンを再生したパソコンのこと言います。

大企業などが機材を一新するときに放流したまだまだ現役のパソコンを専門店が回収します。
そして専門店がそのパソコンに再生処置(リファービッシュ)を施します。
たとえば消耗品のHDDディスクを新品のSSDに取り換えOSをインストールするなどです。
もちろんメモリも増設します。

そういった再生処置を施して普通の中古パソコンより長く使えるようにしたのが再生パソコンです。
カテゴリ的には中古パソコンになりますが部品には一部新品を使っています。
つまり中古パソコンと新品パソコンのハイブリッドが再生パソコンになります。

そしてなんと今回ご紹介する再生パソコン専門店のPC nextでは保証もついてきます。
それも驚異の1年保証です!
1年も保証してくれるなんてすごいですよね。

再生パソコンと中古パソコンの違い

再生パソコンと中古パソコンの違いをもう少し詳しく見てみましょう。

まず中古パソコンですが、これは個人が使っているパソコンを古くなったという理由で中古ショップに売っているのがそうです。
こういった中古パソコンは中で使っている部品もそのまんまです。
つまり消耗品のHDDディスクもそのままなので、買ったらすぐに壊れることがあります。

じっさい中古パソコンショップでは30日間ぐらいの保証が一般的です。
30日間しか保証してくれないんじゃ、買うのも躊躇しますよね。

次に再生パソコンですが、PC nextでは企業が使っているパソコンを回収しています。
つまり使えなくなったのではなくて企業が機材を一新するときにいらなくなったパソコンを回収しています。
個人では「使えなくなった」というのがあるのが中古パソコンですが、再生パソコンの場合はそこが違います。

さらに再生パソコンは再生処置(リファービッシュ)を施しているパソコンです。
専門店が使えるパソコンを選定してさらにそのパソコンの消耗品であるディスクなどを新品にします。
それもディスクはSSDに交換するのでOSの起動も早くなっています。
メモリも増設しているのでプログラミングにも安心です。

このように再生パソコンと普通の中古パソコンはだいぶ違うものになっています。
なによりPC nextでは販売している再生パソコンに1年保証がついてきます。

さらにPC nextが販売する再生パソコンは障がい者の方を雇用する特例子会社に再生を委託しています。
つまり再生パソコンを買うことは障がい者の方を応援することにもつながります。
再生パソコンを買えば社会貢献にもなるってことですね。

再生パソコンのメリット・デメリット

それで再生パソコンのメリットとデメリットはなんでしょうか?
再生パソコンのメリットは↓になります。

  • 保証が付いている

  • 一部の部品が新品になっている

  • 正規品のOSが入っている

  • 性能がほどほどに良い

再生パソコン専門店の販売する再生パソコンには1年保証がついています。
消耗品であるディスクも再生パソコンは新品のSSDに取り換えられてることが多いです。
さらにOSも正規品のWindowsがインストールされています。
さらにこれが一番大事ですが、再生パソコンは性能もほどほどに良いものが多いです。
CPUで言うとCore i3やCore i5などもあります。
メモリも増設されて8GB以上のものが多いです。

では再生パソコンのデメリットは何でしょうか?
それは↓になります。

  • 一部の部品が中古である

  • ハードなプログラミングには不向き

再生パソコンは中古パソコンの仲間なので一部の部品は中古になっています。
そのため新品に比べるとそれらの部品の寿命は短いです。

そして再生パソコンは性能がほどほどに良いのでプログラミングは問題ありませんが、ハードなプログラミングでは性能が足りないことがあります。
たとえば重い動画処理をするプログラムや画像処理をするようなプログラムの開発はもしかすると厳しいかもしれません。
ですがもちろん入門レベルのプログラミングであれば問題ありません。

おすすめの専門店と再生パソコンとは?

おすすめ

それでは大学生におすすめできる再生パソコンはどんなものがあるのでしょうか?
今回は再生パソコンを購入できる再生パソコン専門店とおすすめの再生パソコンを選んでみました。

再生パソコンはここでご紹介する再生パソコン専門店で買っておけばまず間違いありません。
さらにプログラミングの学習にも使えそうな再生パソコンを選びました。
これの基準はCPUとメモリで判断しています。
おおむねCPUはCore i3以上メモリは8GB以上あればプログラミングの学習には問題ないと見なしました。

再生パソコン専門店「PC next」

PC nextは再生パソコンを販売する専門店です。



業界最長クラスの1年保証がついた高性能再生パソコン専門店【PC next】

PC next株式会社ポンデテックが運営している再生パソコン専門店です。
ポンデテックは大阪府大阪市の株式会社でパソコンの再生などを行う会社です。

↑の会社概要に映っているさわやかな2人組がPC nextの運営者と思われます。

繰り返しになりますがPC nextは販売している再生パソコンになんと1年間保証を付けています
普通の中古パソコンだとせいぜい保証は30日間ぐらいですが、そう考えるとかなり長い保証になっています。
これもPC nextの再生パソコンへの自信の表れと言えるでしょう。

さらに購入から15日以内なら返金も保証してくれます。
これは再生パソコン初心者には嬉しいところです。

ご注文した商品が到着してから15日以内であれば、理由を問わず返金保証のサービスを受け付けております(訳あり品等の一部商品を除く)。

支払ではクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込が使えます。

PC nextでは各種クレジットカード、Amazon Pay、Google Pay、Apple Pay、Paypal、PayPay(オンライン決済)、コンビニ決済、銀行振込でのお支払いが可能となっております(2022年4月時点)。

NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

おすすめの再生パソコン1台目はこちらのパソコンです。



NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

このパソコンのスペックは↓になります。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i3 6100M @2.3GHz(第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD : 256GB

  • 無線LAN: あり(内蔵)

Windows 10 HomeのOSがインストールされています。
CPUはCore i3でメモリは8GBです。
このスペックであればプログラミングの入門には大丈夫でしょう。

私はメモリ4GBのノートパソコンでたまにプログラミングをすることがあります。
その倍の8GBもメモリがあれば安心できますよね。
ただ先ほども言ったように高度でハードなプログラミングではメモリが足りないこともあるかもしれません。
その点はご注意ください。入門ぐらいなら問題ないです。

OSがインストールされているディスクは新品のSSDになっています。容量は256GBです。
これだけの容量があればプログラミングで困ることは少ないでしょう。
仮想マシンやコンテナを使う場合はけっこう容量も使いますが、それでも大丈夫だと思います。
それに容量が足りなくなったら外付けのHDD(数千円から1万ぐらい)を買えばOKです。

ちゃんと内蔵無線LANもついてるのでインターネットにも接続可能です(ルーターなどの購入は別途必要)。

無料でインストールされているソフトにWPS Office 2というのがあります。
これはMicrosoft Officeソフトと互換性のあるソフトです。
普通に買おうとすると5000円以上はしますが、このモデルには無料でついてきます。

Lenovo ThinkPad X260

次におすすめする再生パソコンがこれです。



Lenovo ThinkPad X260

↑のパソコンのスペックは↓になります。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i5 6200U (第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD : 240GB

  • 無線LAN: あり(内蔵)

OSはWindows 10 Homeです。インストール済みです。
なんとCPUは驚異のCore i5です。
この価格のノートパソコンでCore i5が手に入るのはかなりすごいです。

Core i3も十分すごいですがCore i5になると中々、新品ではけっこうなお値段がします。
それをこの価格で手に入れられるのも再生パソコンならではと言えます。

メモリは8GBです。
ディスクは新品のSSD(240GB)に交換されています。
内蔵無線LANもちゃんとあります。インターネットも安心です。

これにもWPS Office 2がインストールされています。
さらにこちらの商品は現在は「外付けwebカメラを無料プレゼント中」になっています。
なんとwebカメラが無料で貰えます。

お買い得な1品ですね!

おわりに

今回はプログラミングがしたい大学生でも買える安いパソコンとして再生パソコンを解説しました。
再生パソコンであれば大学生活でもプログラミングが可能です。
お金を節約してさらに良い環境でプログラミングもできるなら文句ないですよね。

夢の大学生活に

再生パソコンでいろどりを