【安い】プログラミングに使える古いパソコン【再生パソコン】

382, 2022-05-24

目次

プログラミングに使える古いパソコン

プログラミングの勉強をしたいけど新品のパソコンは高くて手が出ない。
かと言って普通の中古パソコンも手を出しづらい。
そんな時は「再生パソコン」がおすすめです。

再生パソコンなら中古ながら1年保証がついてます。
値段も安く性能もほどほどでプログラミングも可能です。

  • 再生パソコンは1年保証が付いている

  • 再生パソコンは安くて性能もほどほど

プログラミングに使えるパソコンを安く手に入れるなら再生パソコンがおすすめです。
この記事ではプログラミングに使える再生パソコンについて詳しく解説していきます。

関連記事
予算がないプログラミング初心者には再生パソコンがおすすめ
再生パソコンによるプログラミングの始め方【安い、1年保証】
【安い】プログラミングに使える古いパソコン【再生パソコン】
プログラミング勉強用のおすすめ再生パソコン【1年保証、メモリ8GB, Core i3~】
プログラミングの勉強用、再生パソコンのすすめ【激安】

何かスキルを身に付けたい

スキル

仕事や学校も落ち着いたので何かスキルを身につけてみたい。
そう考える人は世の中に多いです。
なにか身になるスキル、お金になるスキルを身につけたい。
そういうことを考えるのはごくごく自然なことと言えます。

  • お金になるスキルを身につけたい

身体は資本と言いますが、スキルもまた身体に蓄積されていく資産と言えます。
その資産であるスキルを身につけるのは合理的と言えます。
他の人より秀でたスキルであればそれはお金になりやすいからです。

なにかスキルを身につけて副業などで稼いでみたい。
できればデスクワークなスキルが良い。
そう考えるわけです。

これからの時代、スキルがあったほうが有利

今は個人主義が加速している時代と言えます。
こういう時代では個人の持つスキルが重要視されます。
ですのでスキルはあればあるほどいいです。
そのほうが社会の中で有利になれます。

  • 今の時代はスキルがあったほうが有利

揺れる終身雇用、少なくなる年金など日本の社会もあやしい様相を呈してきました。
そういう中では最後に頼りになるのは何かというとやはり自分自身になります。
自分という資本、そして自分が身につけているスキル、これが大事と言えます。
ですので何かスキルがあったほうが安心できるわけです。

  • 最後に頼りになるのは自分自身

これからの時代はスキルがあったほうが有利です。
それも時代のニーズにマッチしたスキルが何かあったほうが良いです。
そう考えるとプログラミングのスキルを身につけたいあなたの考えは正しいと言えます。

プログラミングを勉強して身につけたい

プログラミングを勉強してスキルを身につけたい。
そう考えるのは今の時代ではごくごく自然なことです。
IT化が進む個人主義の時代においてITのスキルはもはや必須になってきました。
そのITのスキルの中でもプログラミングは最重要視されていると言っても良いかもしれません。

  • プログラミングのスキルが重要視されている

プログラミングができると色々な作業を自動化できます。
作業を自動化できるとその分の時間が空きます。
つまり暇な時間ができて要は時間を作れるわけです。
時間を作るというのはイコールお金を作ることとほぼ同じです。
タイム・イズ・マネー。時間はお金ですからね。

プログラミングのスキルを身につけることは時間を作りお金を作ることになります。
ですのでプログラミングのスキルを身につけるのは非常に有意義と言えます。

プログラミングはどれぐらい価値があるか?

プログラミングのスキルはどれぐらい価値があるでしょうか?
結論を言うとプログラミングの価値は非常に高いです。
これは国が学校でプログラミングを必修化したことからもわかることです。

IT化が加速するこれからの時代においてプログラミングのスキルはもはや必須になってきました。
これからの時代はプログラミングができる人とできない人で大きく差が付くようになるかもしれません。
現にITエンジニアの年収は非常に高くなっておりこのことからもプログラミングの価値がよくわかります。

プログラミングができる社員が会社にいれば業務の自動化も可能です。
自動化すれば生産性が上がり収益も上がるでしょう。
そうなるとプログラミングができる人材はこれからますます需要が増していくと思われます。

プログラミングのスキルの価値は高いです。
ぜひともプログラミングは身につけたいところです。

プログラミングの勉強に必要なもの

勉強

プログラミングの勉強に必要なものはなんでしょうか?
学習に必要なものを数えてみるとそれほど多くはありません。
必要なのは↓の3つです。

  • インターネット

  • 教材

  • パソコン

インターネットはプログラミングでは必須です。
調べものやエラーの調査、ソフトウェアの調達などはすべてインターネットを使います。
ないとプログラミングの勉強がはかどらないでしょう。

教材も必要です。
特にプログラミング初心者にとってバイブルのような教材と出会うことは非常に重要です。
良い教材に出会えればそれだけ学習も進みます。

そして何より必要なのがパソコンです。
パソコンなくしてプログラミングなし。といっても過言ではありません。
スマホやタブレットでプログラミングする人もいるらしいですが、パソコンの効率にはかなわないでしょう。

  • パソコンなくしてプログラミングなし

プログラミングの勉強にはインターネット、教材、パソコンが必要です。
これらはどれも必要なものです。
どれも欠かすことはできません。

妥協できるもの・できないもの

インターネット、教材、パソコンの内、金銭的に妥協できるものはなんでしょうか?

インターネットは妥協は難しいです。
インターネットがないとプログラミングの勉強はかなり難しくなってしまいます。
ですのでインターネットの契約料金は毎月必要です。

教材はどうでしょうか?
教材は有料のものもありますが、無料のものもあります。
今はインターネットが使えればブログやWebサイト、動画などで学習コンテンツを得ることができます。
ですので教材は無料で済まそうと思えば無料で済ますことができます。

パソコンはどうでしょう?
パソコンは必須なのでどうしても買わないといけません。
ですが金額的には妥協できるかもしれません。

  • パソコンは金額的に妥協できる

インターネットの妥協は難しいですが教材は妥協可能です。
そしてパソコンも金額的な妥協が可能、ということになります。

パソコンはまとまったお金が必要

しかしパソコンが金額的に妥協できると言ってもやはりまとまったお金は必要です。
新品のパソコンを買おうとすると数万から数十万ぐらいが相場です。
そうなると最低でも数万円は用意しないといけません。

  • パソコンを買うには最低でも数万円が必要

パソコンは昔に比べるとかなり安くなってます。
しかしそれでも数万円という1か月の家賃分ぐらいの予算は必要になります。
1か月分の家賃と言ったら生活とは別に用意するのは結構大変です。
今の時代は貯金もあまりできない時代ですのでなおさらと言えます。

  • 今は貯金も難しい時代

そういうわけでパソコンを買うにはまとまったお金が必要です。
何とか用意しなければいけません。

性能の良い新品のパソコンは高い

しかしプログラミングをやりたいわけなので性能の低すぎるパソコンは考えものです。

筆者は4万円で買った新品のパソコンを持っていますがこれの性能は結構低いです。
これでプログラミングをすることもあります。
ですがエディターを起動するのにも時間がかかって正直ストレスが溜まります。

  • 新品でも性能が低いとストレスが溜まる

かと言って性能の良い新品のパソコンは値段が高くなってしまいます。

企業も慈善事業じゃないので性能の良いパソコンは良い値段で売ろうとします。
それが資本主義であって自然なことです。
だから性能の良い安いパソコンというのは新品では買えないわけです。
プログラミングの勉強に使うなら最低でもCore i3以上は欲しいところですが。

  • 性能の良い新品のパソコンは安くは買えない

そうなると中古パソコンが選択肢として考えられます。
ですが中古パソコンは一般的には30日ぐらいの保証が多いです。
30日使ったら壊れても知りません、では買うのもためらってしまいますよね。

どこかに性能がほどほどに良くて安くて長期保証の付いたパソコンはないものでしょうか?

そんな都合の良いパソコンあるの?

あるんだなそれが

そこでおすすめなのが再生パソコン

laptop

そこでおすすめなのが再生パソコンです。
プログラミングで使える古いパソコンをお探しなら再生パソコンを検討してみてください。

なぜなら再生パソコンは1年保証がついて値段も安く性能もほどほどに良いからです。
さらに15日間の返金保証も付いています。
これはすべて再生パソコン専門店の「PC next」で購入したらの話です。

  • 1年保証

  • 値段が安い

  • 性能もほどほどに良い

普通の中古パソコンだと保証は30日ぐらいですが再生パソコンなら1年も保証が付きます。
これだけでもすごい話なのですがさらに再生パソコンはお手頃な値段(3~4万円)で購入も可能です。
性能はOSはWindows, メモリは8GB以上、CPUはCore i3以上、ディスクは新品のSSDというものが多いです。

プログラミングで使える中古パソコンを買うぐらいなら私なら再生パソコンをおすすめします。
再生パソコンであればプログラミングの勉強も可能です。

再生パソコンなら1年保証も付いてくる

繰り返しになりますがPC nextが販売する再生パソコンには1年保証が付いています。
再生パソコンは普通の中古パソコンを再生したパソコンです。
再生とはメモリの増設やディスクの交換などの再生処置(リファービッシュ)のことを言います。

  • 中古のパソコンを再生したパソコンが再生パソコン

なぜ再生パソコンには1年もの長期保証が付いてくるのかというとこれには理由があります。
PC nextは大手企業が機材の入れ替えで放流したパソコンを回収しています。
そしてそのパソコンに再生処置をほどこして再生しています。
その結果パソコンの寿命が大幅に伸びて保証を1年も付けられるレベルにまでなっているのです。

PC nextが再生パソコンに1年も保証を付けるのはPC nextが再生処置に自信を持っているからです。
でなければ1年も保証は付けられません。

  • PC nextは再生処置に大きな自信を持っている

さらにPC nextでは購入から15日以内の返金保証もつけています。
1年保証と返金保証までついて3~4万円で購入できるですからすごいですよね。

再生パソコンなら安くて性能もほどほど

再生パソコンは値段も安くて性能もほどほどに良いです。
繰り返しになりますがPC nextが販売している再生パソコンなら値段は3~4万円ぐらいのものが多いです。
性能はOSはWindows, メモリは8GB以上、CPUはCore i3以上、ディスクはSSDの新品のものが多い。

なぜPC nextはここまでの性能のパソコンを低価格で販売できるのでしょうか?
これの秘密はPC nextのパソコンの仕入れ先にあります。
先ほども書きましたがPC nextは大手企業からお古のパソコンを回収しています。

大手企業は社員のために性能がほどほどに良いパソコンを揃えています。
そしてそれを社員に使わせることで利益を上げています。
ですのでPC nextには自然と性能がほどほどに良いパソコンの在庫が集まります。

  • PC nextは大手企業からパソコンを回収している

  • 再生処置によって保証が付けられる

PC nextはこのパソコンに再生処置をほどこしているので保証を付けることも可能になっています。
また回収しているパソコンは性能がほどほどに良いので購入者も満足できる、というカラクリです。

再生パソコンは性能もほどほどなものが安く手に入ります。
予算がない場合のプログラミングの勉強に最適なパソコンと言えるでしょう。

再生パソコンと中古パソコンの違い

再生パソコンと普通の中古パソコンの違いはなんでしょうか?
主な違いは↓の通りです。

  • 保証期間の違い

  • 再生処置の違い

普通の中古パソコンは一般的な保証が30日ぐらいです。
これが中古の限界です。

ですがPC nextが販売する再生パソコンは1年保証がついています。
30日と1年じゃかなり違いますよね。

また再生パソコンは再生処置がしてあります。
これはメモリの増設や古くなったディスクの新品への交換などです。
普通の中古パソコンは古くなったディスクはそのままです。

ですからパソコン自体の寿命もかなり違っています。
一部部品を新品に交換している再生パソコンは寿命が長いです。

このように再生パソコンと普通のパソコンには保証期間や再生処置の違いがあります。
再生パソコンと普通の中古パソコンは違うものになってるのがわかると思います。

再生パソコンのメリット・デメリット

では再生パソコンのメリットとデメリットは何になるのでしょうか?
再生パソコンも良いところばかりではありません。
デメリットも挙げたいと思います。

まずメリットですが↓になります。

  • 長期保証が付いている

  • 値段が安い

  • 再生処置がしてある

  • 障がい者の方への応援になる

すでに何度も書いてますがPC nextが販売する再生パソコンは長期保証がついています。
1年の長期保証と15日以内の返金保証です。

また再生パソコンは元は中古なので値段も安いです。
PC nextが販売する再生パソコンは3~4万円ぐらいが多いです。

それから再生パソコンは再生処置(リファービッシュ)がしてあります。
メモリの増設やディスクの新品のSSDへの交換、古くなった部品の交換など。

またPC nextは再生処置を障がい者の方を雇用する特例子会社に一部委託しています。
そのため再生パソコンを買うことはそういった障がい者の方への応援にもなります。

いっぽうデメリットは↓になります。

  • 一部部品が古いまま

  • 見た目に使用感がある

  • バッテリーの消耗は保証外

  • ハードなプログラミングには不向き

再生パソコンは元は中古パソコンなので一部の部品は中古のままになってます。
ですのでそういった部品は普通の新品と比べて寿命が短くなってます。

また再生パソコンは企業で使われていたものなので見た目に使用感も残ってます。
新品のような見た目を期待すると期待が外れる場合もあるかもしれません。

それからバッテリーの消耗については保証外になっています。

そしてプログラミングには使えますがハードすぎるプログラミングでは性能が足りない場合もあります。
高度な画像処理プログラミングなどになるとGPUも必要になってくるので性能が物足りない可能性もあります。
ですがプログラミングの学習用途には十分な性能と言えるでしょう。

以上が再生パソコンのメリットとデメリットです。
再生パソコンを買う場合はデメリットの把握も必要です。

おすすめの専門店と再生パソコンは?

パソコンショップ

それで再生パソコンの購入はどこで行えばいいのでしょうか?
これは専門店です。
再生パソコン専門店であれば保証もついています。

たとえば再生パソコン専門店の「PC next」などがその代表です。

  • PC next

今回はPC nextで購入できるおすすめの再生パソコンを選んでみました。
↓になります。

  • NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

  • Lenovo ThinkPad X260

これらの再生パソコンを選んだ基準は↓になります。

  • 値段が3~4万円ぐらい

  • メモリが8GB以上

  • CPUがCore i3以上

  • OSがWindows 10以上

  • 1年保証、15日以内の返金保証

この基準の性能であればプログラミングの学習用途には十分な性能と言えます。

再生パソコン専門店「PC next」



業界最長クラスの1年保証がついた高性能再生パソコン専門店【PC next】

PC next」は大阪の「ポンデテック」という株式会社が運営する再生パソコン専門店です。
業界最長クラスの1年保証を武器に再生パソコン業界で躍進を続けています。
ポンデテックの会社概要は↓から見ることができます。

概要のページに写真がありますがこれに映っている2人組がポンデテックの主要メンバーと思われます。
さわやかな笑顔で自分たちの会社に自信を持っていることがうかがえます。
その自信は販売する再生パソコンの保証期間にも現れていますよね。

PC nextが販売する再生パソコンには1年保証がつきます。
それに加えて15日以内の返金保証も付いています。

ご注文した商品が到着してから15日以内であれば、理由を問わず返金保証のサービスを受け付けております(訳あり品等の一部商品を除く)。

支払ではクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込が使えます。

PC nextでは各種クレジットカード、Amazon Pay、Google Pay、Apple Pay、Paypal、PayPay(オンライン決済)、コンビニ決済、銀行振込でのお支払いが可能となっております(2022年4月時点)。

これから再生パソコンを購入する場合はPC nextで購入すれば間違いないでしょう。
PC nextであれば保証がついているので何かあった時も安心です。

NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

おすすめする1台目の再生パソコンは↓です。



NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

このパソコンのスペックは↓の通りです。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i3 6100M @2.3GHz(第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD(256GB)

  • 無線LAN: あり(内蔵)

OSはWindows 10 Homeです。
プログラミングを始める場合はWindowsがおすすめです。
Windowsなら初心者にも扱えます。

それからCPUはCore i3になっています。
第6世代ですがこのお値段で購入できます。

メモリは8GBです。
これもプログラミングの勉強用途では十分なメモリと言えるでしょう。

そしてディスクは新品のSSD(256GB)になっています。
これは再生処置によって新品に交換されています。
OSもこのディスクに入っていますので安心できます。

無線LANも内蔵のものがついてます。
インターネット接続も安心です。

このモデルにはWPS Office 2というソフトが無料でついてきます。
このソフトはMicrosoft Officeソフトと互換性があります。
普通に買おうとすると5000円以上します。
オフィス系のソフトを使うこともできるのでお得ですね。

Lenovo ThinkPad X260

2台目におすすめする再生パソコンがこちらになります。



Lenovo ThinkPad X260

↑のパソコンのスペックは↓になります。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i5 6200U (第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD : 240GB

  • 無線LAN: あり(内蔵)

こちらもOSはWindows 10 Homeになってます。
当たり前ですが海賊品などではなく正規品のOSです。
これも専門店ならではですね。

CPUはCore i5です。
Core i5のCPUがこのお値段で手に入るというのはけっこうすごいですよね。
これも再生パソコンならではと言えます。

メモリは8GB付いてます。

ディスクは新品のSSDで容量は240GB.
容量は足りなくなったら外付けのHDDを買うといいでしょう。
筆者も2台別で持ってます。

インターネットは内蔵無線LANがついてますので安心です。

WPS Office 2
こちらのモデルでは「外付けwebカメラを無料プレゼント中」だそうです。
webカメラが無料で貰えるのでお買い得ですね。

おわりに

今回はプログラミングで使える古いパソコン、再生パソコンを解説しました。
再生パソコンはこれからの時代のニーズに合っているパソコンと言えます。
予算がない場合は再生パソコンを購入しましょう。

再生パソコンなら安くて性能もほどほど

保証付きのちゃんとしたパソコン