プログラミング、予算が無いなら再生ノートパソコンでOK

377, 2022-05-16

目次

プログラミング、予算が無いなら再生ノートパソコンでOK

プログラミングしたくても予算がない。
そんな人は多いと思います。
インターネット、教材、そしてパソコン、プログラミングはお金がかかります。

結論を言います。
低予算でプログラミングがしたいなら再生ノートパソコン(再生パソコン)がおすすめです。
再生パソコンなら低価格、そして性能もほどほどで保証(1年)もついてきます。
ちょっとプログラミングの勉強がしたいなら再生パソコンで十分です。

  • プログラミングの勉強なら再生パソコン

再生パソコンは古い部品を新品の部品に交換している中古パソコンです。
選定そしてメモリ増設にディスク交換(SSD)を行っている、至れり尽くせりのパソコンです。
リファービッシュ(再生処置)という処理をほどこした新時代のパソコンと言えます。

  • 再生パソコンはリファービッシュしてあるためお買い得

お金が無くて低予算でプログラミングがしたいなら再生パソコンで決まりです。
筆者も昔は中古パソコンを使ってましたが、普通の中古なら再生パソコンを買ったほうが良いです。
なぜなら再生パソコンは先ほども書いたように保証が長くて再生処置をしてあるからです。

この記事ではプログラミングに使える再生パソコンについて解説します。

プログラミングがしたい

今の時代、何かスキルを身につけようとなった場合によく選ばれるのがプログラミングです。
プログラミングなら具体的なITスキルもつくし仕事にすることも可能です。
だからプログラミングがしたい。エンジニアにもなってみたい。
と考えるのはごくごく自然なことです。

プログラミングを覚えれば退屈な作業も自動化できます。
自動化すれば時間も作れます。
プログラミングを覚えれば使える時間が増えるということですね。

  • プログラミングは時間を作れる

今の時代、時間は大変貴重です。
時間に追われる現代人、そして時間はイコールお金だからです。
時間を作るということはお金を作るということにほかなりません。

そういうわけでプログラミングがしたいわけです。
それは今の時代、賢い選択と言えるでしょう。
これからの時代プログラミングの付加価値はさらに上がっていきます。
今のうちにプログラミングを身につけたいところです。

プログラミングはお金がかかる

しかしいざプログラミングを始めようとなった場合、困ることがあります。
それはお金の問題です。
プログラミングをいざやろうとすると結構なお金がかかることがわかります。
インターネットに教材にそしてパソコンです。
これらはすべてお金がかかることがあります。

  • プログラミングはお金がかかる

プログラミングにインターネットは必須です。
ないとプログラミングの勉強は大変むずかしくなります。
それから教材。教材については有料のものも多いですが、無料で揃えることもできます。
ですので教材については大丈夫だと予想がつきます。

しかしパソコン。
パソコンばっかりは購入しないといけません。
そしてパソコンの購入にはお金がかかります。

  • パソコンはお金を出さないと買えない

他人からもらう場合はタダですが、高いパソコンをくれる人は中々いません。

つまりプログラミングを勉強しようとするとそれなりにお金がかかります。
出費がかさむのがプログラミングです。
毎月のインターネット代に本の購入。
そしてパソコンという高い買い物。

お金がかかるというのは大変なことです。

パソコンを買うのもの大変な時代

今の時代はパソコンを買うのも大変です。
なぜでしょうか?
それは日本がスタグフレーションだからです。

  • 日本はスタグフレーション

スタグフレーションとは物価が上がって給料が上がらないことを言います。
給料が上がらないのに物価だけ上がってたら大変ですよね。
月々の出費、食費や住宅費もタダではありません。

なぜ日本がスタグフレーションなのかというとこれは色々な仮説があります。
日本はもうかれこれ20年以上も経済成長していません。
アメリカや中国が経済成長して発展しているのに日本だけ置いてかれてるんですね。

  • 日本は20年以上経済成長していない

そういう現状が今の日本です。
日本では給料が上がっていないのでお金は大変な貴重品。
ですので高いパソコンを買うのも大変なんです。
これが一般的な話であって普通の庶民の感覚です。

低予算でプログラミングできないか?

低価格

そんな大変な日本でプログラミングを勉強したいわけです。
そうすると自然と「低予算でプログラミングできないだろうか?」と考えます。
これが普通の考えで至極真っ当です。

  • 低予算でプログラミングがしたい

プログラミングはお金がかかるけどスキルを身につければ給料の良い仕事ができる。
そうすれば勉強に使ったお金は回収できる。
つまり自己投資ってやつですね。

身体は資本でありスキルは資産です。
資産を身につけようと考えるのは真っ当な思考です。

  • プログラミングスキルは資産である

でもパソコンは高いです。
新品だと4万~20万ぐらいします。
安い新品のパソコンは性能がいまいちでプログラミングもストレスが多いのが実情です。
筆者も4万円で買った新品のノートパソコンを持ってます。
これでプログラミングをすることもありますが、もっさりカクカクで大変ストレスがたまります。

しかしパソコンが高くても低予算でプログラミングがしたい。
そういう希望があるわけです。
果たしてこれは実現できるのでしょうか?

インターネットは諦めよう

インターネット、教材、パソコンのうち、まずはインターネットについて考えます。
インターネットの予算を減らせないでしょうか?
しかしインターネットはプログラミングでは必須です。
ですのでこれを削るのは現実的ではありません。

  • プログラミングにインターネットは必須

プログラミングでは環境構築と言ってプログラミング言語をパソコンにインストールする作業が必要です。
プログラミング言語はソフトウェアですが、これはインターネットを通じて手に入れます。
ですのでインターネットがないと環境構築もたいへん難しくなります。

無料のソフトウェアをCDなどに保存してもらって友達などからそれを貰うって手もあります。
しかしそれで環境構築ができたとしてもプログラミングでは調べものもします。
プログラミングではエラーやバグが出たときにインターネットで調べるのが一般的なんです。

  • インターネットは調べものにも使う

ですのでインターネットは必須です。
もうこれについては諦めるしかないでしょう。
無料WiFiを探すという手もありますが出来れば家でプログラミングがしたいですよね。
だからインターネット契約にはお金を払う必要があります。

学習教材は無料で仕入れられる

インターネット、教材、パソコンのうち次は教材です。
プログラミングを勉強したいわけなので教材は必須になります。
教材無くしてプログラミングの勉強は……うーん、厳しいと思います。

プロなら新しい言語を学ぶときは公式のドキュメントを見ながら覚えることもあります。
ですがプログラミングの初心者でそれはハードルが高いでしょう。
ですので何か本を買ったりWebサイトを見つけて勉強する必要があります。

  • プログラミング初心者に教材は必須

ですが教材については今の時代は無料で手に入ることが多いです。

たとえばブログなどでは無料で学習コンテンツを公開している人も多いです。
これは書籍化を目指して書いてる人もいるので質は良いものが多いです。
そして最近はYoutubeで無料で学習教材を公開している人も多いです。
今の時代はYoutubeを見れば大抵のことは学ぶことができます。
プログラミングも例外ではありません。

  • ブログとYoutubeで教材は手に入る

つまり教材についてはそれほどお金をかけないで済むわけです。
そうするとあとはパソコンになります。
しかしパソコンはやっぱ高いですよね。

安いパソコンはないのか?

高いパソコンを前に考えることは決まっています。
それは「安いパソコンはないのか?」ということです。

  • 安いパソコンはどこにある?

ノートパソコンも新品であれば4万円ぐらいからあります。
これぐらいがパソコンは安い部類になります。

しかし新品の4万円ぐらいのパソコンは正直おすすめできません。

なぜかというとそれぐらいの値段の新品のパソコンは性能が低いからです。
筆者も新品で買った4万円のノートパソコンを持ってます。
ですがこれの性能はプログラミングにはかなり厳しい感じです。

まずエディタを開くのにも数秒からかかることがあります。
コードを書こう! となったときにそれぐらい待たされるわけですね。
でさらにコードを実行するのも一苦労です。
もっさりカクカクで仏のような心で我慢する必要があります。

  • 安いパソコンはもっさりカクカクが普通

ですので新品の安いパソコンを買おうとなったときプログラミングで使おうとするのは中々厳しいものがあります。
これは筆者の実体験による感想です。
しかし予算がないわけなので安いパソコンは必要です。
どうしたらいいんでしょうか?

そんなときは再生パソコンがおすすめ

パソコン

そんなときにおすすめなのが「再生パソコン」です。
再生パソコンであれば「安くて」「性能もほどほどな」「保証の付いたパソコン」が手に入ります。
予算がないのであればプログラミングの入門に再生パソコンはおすすめできます。

  • 予算がなければ再生パソコンがおすすめ

再生パソコンは再生処置(リファービッシュ)をほどこした中古パソコンです。
大企業が使っていて機材の入れ替えで放流したパソコンを専門店が回収しているんですね。
そしてメモリの増設消耗品のディスクを新品のSSDへ交換などをして再生処置を行います。

そうして新品と中古のハイブリッドになった再生パソコンを保証付き(1年)で販売しているんです。
再生パソコンはまだ知名度はそこまでありません。
しかしこれからの時代のニーズに合っているまさに新時代のパソコンと言えます。

低予算でプログラミングがしたいのであれば再生パソコンで十分です。
今回ご紹介する再生パソコン専門店のPC nextが販売する再生パソコンは性能もほどほどにあります。
メモリは8GB以上、CPUはCore i3やCore i5が多いです。
それでいてお値段は3~4万円ぐらいです。

自分のプログラミングへの適性を確かめる意味でも最初は再生パソコンで試しにやってみるぐらいがいいでしょう。
なにも20万もする新品のパソコンを買う必要はありません。

再生パソコンなら保証も付いてくる

PC nextが販売している再生パソコンは長期の保証がついています。
なんと1年間の長期保証です。
中古パソコンを再生した再生パソコンに1年も保証を付けているんですね。
さらに購入から15日以内であれば不問の返金保証もついています。

  • 1年保証

  • 15日間の返金保証

これなら再生パソコンに抵抗がある人でも安心できますよね。
注文して届いて動かなかったら返金してもらえるんです。
さらに1年も保証が付いているので何かあった時も安心です。

なぜPC nextはここまで保証をつけてくれるのでしょうか?
それはPC nextが販売している再生パソコンに大きな自信を持っているからです。
自分たちで選定して大企業から回収したパソコンを再生しているので確信があるわけですね。
ですのでこのような長期保証を付けられるわけです。

  • PC nextは再生パソコンに自信を持っている

PC nextが販売する再生パソコンには1年保証がついているので安心です。
普通の中古パソコンだとせいぜい30日ぐらいの保証が一般的です。
そう考えるとこの1年保証のすごさがわかるかと思います。

再生パソコンならプログラミングもできる

PC nextが販売している再生パソコンは性能がほどほどにあります。
メモリは8GB以上、Core i3やCore i5もあります。
これぐらいの性能のノートパソコンであればプログラミングの学習も可能です。

動画編集もできるぐらいの性能のパソコンなのでエディターの起動も問題ないです。
さすがに画像処理などの高度なプログラミングになるとGPUとかが必要になってきますが。
しかし入門レベルのプログラミングの学習であれば普通に行えます。

再生パソコンであれば低価格ながらプログラミングができるパソコンが手に入ります。
低予算でプログラミングがしたいのであれば再生パソコンがおすすめです。
保証が付いてくるパソコンを低価格で手に入れてプログラミングスキルを身につけましょう。

再生パソコンのメリット・デメリット

それで再生パソコンのメリットとデメリットはなんでしょうか?
メリットは↓になります。

  • 保証が付いている

  • ディスクが新品のSSDになっている

  • Windowsがついている

  • 価格が安い

  • 障がい者の方への応援になる

まずすでに何度も書いているとおりですが、PC nextが販売する再生パソコンは1年保証が付いています。
そして15日間の返金保証もあります。

さらに再生処置(リファービッシュ)によってディスクも新品のSSDに取り換えられているものが多いです。
ディスクは消耗品なのでこれは嬉しい限りです。
普通の中古品はこんなことはしてくれません。

そして交換したSSDにはWindows 10がインストールされているものが多いです。
Windows 10であればWSL2という機能も使えます。
これを使うとLinux環境のプログラミングもできます。
つまり1つのOSで2つの環境でプログラミングができます。

そして再生パソコンはなにより値段が安いです。
3~4万円ぐらいで購入できます。

さらにPC nextは再生パソコンの再生処置を障がい者の方を雇用する特例子会社に委託しています。
つまりPC nextが販売する再生パソコンを購入することはそういった障がい者の方への応援にもなります。

逆にデメリットは↓になります。

  • 一部中古部品を使っている

  • 機体に使用感がある

  • バッテリーの消耗については保証交換対象外

再生パソコンは新品と中古のハイブリッドですが中古のままの部品もあります。
それから機体には使用感があるものが多いです。
ピカピカの新品ものを期待する場合は注意が必要です。
またバッテリーについては保証外になります。

再生パソコンもさすがにメリットばかりではありません。
この辺はある程度妥協が必要ですね。

おすすめの専門店、再生パソコン

パソコンショップ

それで再生パソコンを購入するならどこの専門店がいいのでしょうか?
そしておすすめの再生パソコンは?

今回はおすすめの専門店と再生パソコンを2つ選んでみました。
おすすめの専門店はずばり↓です。

  • PC next

そしておすすめの再生パソコンは↓の2つになります。

  • NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

  • Lenovo ThinkPad X260

再生パソコン専門店「PC next」

PC nextは再生パソコンを販売する専門店です。



業界最長クラスの1年保証がついた高性能再生パソコン専門店【PC next】

大阪の「ポンデテック」という株式会社が運営するのがPC nextです。
ポンデテックはパソコンの再生などを行う会社です。
会社概要は↓から見れます。

さわやかな2人組の写真がありますがこれが運営者だと思われます。
堂々と自分たちの笑顔をのせているあたり自分たちの会社に自信を持っているのがわかります。

すでに書きましたがPC nextでは販売する再生パソコンに1年保証を付けています。
繰り返しになりますが1年も保証を付けるというのは相当な自信がないと出来ないことです。
なぜなら普通の中古パソコンはせいぜい30日保証が限界だからです。

そして15日以内なら返金保証がつくのも嬉しい話です。
購入してすぐ機体を確認すれば何かあった時も安心です。

ご注文した商品が到着してから15日以内であれば、理由を問わず返金保証のサービスを受け付けております(訳あり品等の一部商品を除く)。

支払ではクレジットカード、コンビニ決済、銀行振込が使えます。

PC nextでは各種クレジットカード、Amazon Pay、Google Pay、Apple Pay、Paypal、PayPay(オンライン決済)、コンビニ決済、銀行振込でのお支払いが可能となっております(2022年4月時点)。

再生パソコンの購入はPC nextで行いましょう。

NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

PC nextが販売する再生パソコンでおすすめの1台がこちらです。



NEC VersaPro VK23-LXZGT (256GB)

このパソコンのスペックは↓になります。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i3 6100M @2.3GHz(第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD : 256GB

  • 無線LAN: あり(内蔵)

ディスクは新品のSSDで容量は256GBです。
OSはWindows 10 Home。インストール済みです。

CPU はCore i3です。
メモリは8GBついてます。
これぐらいの性能であれば入門用のプログラミングは問題ないです。

昨今のプログラミングではメモリは16GBぐらいは欲しいところですが、入門であればここまで必要ないでしょう。
高度な動画処理や画像処理などはそれぐらいメモリが欲しくなりますが。
プログラミングが上達して物足りない場合はさらに性能の良いパソコンの購入を検討されてみてください。

ディスクも容量は256GBですが足りなくなったら外付けのHDDの購入を検討してみてください。
筆者も大切なデータは2つの外付けHDDに保存しています。

もちろん内蔵無線LANもあります。
インターネット接続も安心です。

これにはWPS Office 2というソフトが無料でインストールされています。
これはMicrosoft Officeソフトと互換性があるソフトです。
普通に買おうとすると5000円以上します。ですが無料で付いてきます。
お買い得です。

Lenovo ThinkPad X260

次におすすめする再生パソコンがこれです。



Lenovo ThinkPad X260

↑のパソコンのスペックは↓になります。

  • OS: Windows 10 Home

  • CPU: Core i5 6200U (第6世代)

  • メモリ: 8GB

  • 容量: 新品SSD : 240GB

  • 無線LAN: あり(内蔵)

ディスクは新品のSSDで容量は240GBです。
そしてOSはWindows 10 Homeがインストール済みです。

CPUはCore i5がついてます。
この価格のパソコンでCore i5が手に入るのはすごいですよね。
再生パソコンならではと言えます。
動画編集なども可能ですがFull HDゲームのプレイなどは厳しいみたいです。

メモリは8GBのってます。
インターネットとOfficeを同時に使いたい場合もこれだけメモリがあれば大丈夫そうです。
複数サイトのブラウザでの同時閲覧もいけるみたいです。

内蔵無線LANもちゃんとついてます。

こちらにもWPS Office 2がインストールされています。
こちらのモデルでは「外付けwebカメラを無料プレゼント中」だそうです。
webカメラが無料で貰えるのでお買い得ですね。

おわりに

今回はプログラミングが出来る再生ノートパソコンを解説しました。
予算がない場合は再生パソコンの購入を検討してみてください。

再生パソコンで

プログラミングをしよう