仕事が無いときのメンタルの保ち方

307, 2020-02-23

目次

仕事がなくなる

自営業やフリーランスをしていると、仕事がなくなる期間が出てきます。
大海の小舟が風の無い凪いだ海面を進んでいるかのようにです。
この間は、まともな人なら精神衛生が悪化していきます。

というのも、仕事が無いということはそれだけでストレスになるからです。
「周りはみんな働いているのに自分だけ……」という自暴自棄に陥り、気がつくと病んでしまっている自分がいるわけです。

こういった「病み」を避けるにはどうしたらいいのか? ということを考えてみたいと思います。
私の提案は↓です。

  • 運動をする
  • 趣味に打ち込む
  • ブログを書く

運動をする

健康は精神は健全な肉体に宿るとよく言われますが、それは正しくて、運動をしていると嫌な気分も無くなっていきます。
仕事がない間の雑念や病的な考えなどが、運動によって小さくなり、気にならなくなります。
具体的には↓のような運動が良いでしょう。

  • ジョギング
  • 筋トレ
  • 散歩

ジョギング

運動の王様と言っても良いのがジョギングです。
近所のアスファルトを運動用シューズを履いて軽く流し、汗をかくだけでも気分が全然違ってきます。
汗は嫌な感情や思い出を洗い流してくれます。

嫌な気分になったらジョギングをしましょう。
ジョギングで流す汗はあなたの心を健康にします。
仕事がなくたって身体が健康ならそれで良いんです。

筋トレ

筋トレの王様がスクワットです。
筋トレが苦手な人もスクワットから始めればある程度続けることが出来るかもしれません。
また、筋トレは無理をしないのがコツです。
自分の体の限界を把握して、その限界に近づくのが筋トレです。

限界を超えてしまったら、元も子もありません。体を痛めてしまっては、悪い気分が更に悪くなってしまいます。
最初は少ない回数から初めて、徐々に増やしていきましょう。

筋トレの達成感はあなたを幸福にします。
その幸福は、仕事がないときの嫌な気分を和らげてくれることでしょう。

散歩

散歩は前の2つに比べるとやりやすいし継続もしやすい運動です。
ジョギングも筋トレも面倒くさくて続かない……という人は散歩をやるようにしましょう。

最初は10分ぐらいの散歩からはじめて、徐々に歩く時間を増やして、20分ぐらいの散歩になるようにするといいでしょう。
その散歩を一日に2セットから3セットやるようにします。つまり時間にすると40分から1時間の運動になるわけです。

散歩を続けると、気分が晴れて、仕事が無い間の嫌な気分も和らいできます。
明るい太陽のもと、近所の景色を見ながら、ゆっくりとでも早足でもいいので自分のペースで歩くと、心の健康状態を取り戻していきます。

散歩はプログラミングで言うところのリファクタリングに近い行為です。
常日頃から続けていくと、心の健康状態を維持できるようになります。

趣味に打ち込む

仕事がない間は趣味に打ち込んでもいいでしょう。
趣味は気分転換になります。

例えば↓のような趣味です。

  • 読書
  • 映画鑑賞
  • ゲーム
  • プログラミング

読書

好きな本を読みましょう。
集中した時間は、精神を癒やしてくれます。
そして読書をしている間は集中した時間を得ることができます。

自己啓発本でも技術本でも小説でもエッセイでもなんでもいいです。
専門書は好奇心とあなたの知識量を増やしくれることでしょう。

また、最近は著作権切れの小説をネット上で無料で読むことが出来るようになりました。
たとえば青空文庫がそうです。

読書も無料でできる時代、趣味にはうってつけと言えます。

中でもオススメの名作がヘミングウェイの「老人と海」です。

老人と大魚の戦いを描いたヘミングウェイの代表作ですが、孤独な海の船の中で力強く生きる老人の姿を描いています。
この老人のように我々も現実という海の中で、それも仕事がない凪いだ海面を、自分のペースで生きていかなくてはいけません。

映画鑑賞

映画を見る間の集中した時間は疲れた精神を癒やしてくれます。
最近だとNetflixやAmazonプライムで映画を手軽に見れるようになりました。

仕事がないあなたにオススメの映画を紹介したいと思います。

この映画は無人島で孤独になった男の脱出劇を描いた映画です。
私達も仕事がないことの状況に負けず、孤独でも力強く前に進んで生きていきたいものです。

名優トム・ハンクスの人間臭い演技はあなたの精神状態にマッチし、あなたを癒やしてくれることでしょう。
孤独にも負けない力強い精神力を、人間は誰もが持ち合わせています。あとはそれをどうやって奮い立たせるかです。

仕事がなくたって強く生きよう

ゲーム

集中できるものと言えばゲームです。
ゲームは時間を忘れ、辛い現実からあなたを幸福の中に連れ去ってくれます。

最近はPCゲームはSteamなどを通じて安く買えることが増えてきました。

私のオススメは「7 Days to Die」というゲームです。

このゲームは7日後に迫りくるゾンビの群れに備えながら、過酷な環境でサバイバルをしていくゲームです。
家を作ったり、自転車を作ったり、弓を撃ったり、マシンガンを撃ちまくったり……。
中でもオススメなのが鉄の棒でゾンビを殴り倒すことです。
きっとスカッとするでしょう。

プログラミング

2020も過ぎて世の中はプログラミングをもっと学ぼうという風潮になってきました。
そのうち、英語のようなサブスキルになることでしょう。
そのことについては↓の記事で言及しているのでもしよければ御覧ください。

また、プログラミングの面白さについては↓の記事でも言及しています。

プログラミングはこれからの世の中、趣味と実益を兼ねたものになっていくでしょう。
英語と同じで、できれば社会から評価されるようになります。
そういった意味で、趣味にプログラミングをやるのはとても良いことだと言えます。

ブログを書く

最後に紹介したいのがブログを書くということです。
ブログは仕事と関連するすばらしい生業です。

というのも、ブログのPVが上がればそこから仕事が舞い込んでくることがあるからです。
仕事がなければブログを書きましょう。書いて書いて書きまくるのです。

そしてブログを書いた先に仕事が生まれてくる。
仕事だけでなく、アフィリエイトやGoogleAdSenseなどの広告収入を得ることも可能です。
さらに技術的な分野や、専門的な分野に切り込めば、あなたの知識レベルやスキルを上げることも可能です。

趣味も運動もいまいちだったら実益をともなったこれに決まりです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
仕事がない状態は精神的につらい時期ですが、ここで紹介したことを駆使すればきっとあなたも乗り切れるはずです。
そして乗り切ったらまた元気に仕事をしましょう。

幸運を、耐えるものよ

おしまい

投稿者名です。64字以内で入力してください。

必要な場合はEメールアドレスを入力してください(全体に公開されます)。

投稿する内容です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク