40万以上稼ぐのは無理?プログラミングとクラウドソーシングの現状

29, 2019-07-06

目次

プログラミングで月収40万以上を稼ぐことは可能

こんにちは、narupoです。

独学でフリーランスのプログラマーになったあと、クラウドソーシングなどを通してプログラミングで仕事をしていました。


ところでみなさんはプログラミング、勉強してますか?

プログラミングを学ぶと、今度はプログラミングを使って稼いでみようという気になりますよね。


最近はクラウドソーシングなどで気軽にプログラミングで稼げるようになりました。

プログラミングとクラウドソーシングでどれぐらい稼げるのか、気になりますよね。


結論から言うと、プログラミングとクラウドソーシング月収40万以上稼ぐのは可能です。

クラウドソーシングで40万以上と言ったら、けっこうな額ですよね。


本当にプログラミングとクラウドソーシングで月収40万以上稼げるの?

本当です


解説していきたいと思います。

フリーランスのエンジニアが稼げる理由

プログラミングとクラウドソーシングで月収40万以上稼ぐ……。
そんなことが本当に可能なのか?


もちろん、稼げます


実は、プログラミングとクラウドソーシングで稼げるのには、ちゃんとした理由があります。


プログラミングが使えれば、クラウドソーシング系のサイトなどでフリーランスのエンジニアになることが可能です。

そして、プログラミングを扱うフリーランスのエンジニアは控えめに言って稼げます


なぜプログラミングを扱うフリーランスのエンジニアは稼げるのでしょうか?

エンジニアは常に不足している

ラップトップと青いシャツの男性

日本はいま少子高齢化の影響で、人手不足です。

それはIT業界も変わりません。IT業界ではプログラミングなどができるエンジニアが常に不足しています。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には最高位のシナリオで最大79万人が不足すると言われています。


79万人と言ったら、ひとつの県の人口分、プログラミングなどができるエンジニアが不足していることになりますよね。


このプログラミングができるエンジニアの不足はクラウドソーシングでも変わりません。

クラウドソーシング系のサイトではプログラミングなどに精通したエンジニアが不足しているんです。

できるエンジニアはさらに不足

グラディエーターと夕陽

さらに言うと「仕事ができる」エンジニアはそのクラウドソーシングの中でもさらに不足しています。

高度なプログラミングなどのスキルを持っているエンジニアのことですね。


たとえば「フルスタック・エンジニア」、これはインフラからフロントエンドまで、もちろんプログラミングも何でもできるエンジニアのことを指しますが、これも不足しています。

中小企業などは1人で何でもできるフルスタック・エンジニアを重宝する傾向がありますが、現状では不足しているためフルスタック・エンジニアの取り合いが起きていると見ていいでしょう。


それからいわずもがな「AIエンジニア」ですね。AIの時代の到来で、AIの価値がますます高くなっている最近、AIプログラミングができるAIエンジニアは不足も不足しています。


エンジニアは希少価値が高い

【壁紙】黄金のコイン3枚

以上の理由で、プログラミングなどができるエンジニアはとことん不足しています。

プログラミングなどができるエンジニアが不足すると何が起きるのか?


既存のエンジニアの価値の上昇が起こります。

つまり、すでにいるエンジニアのお給料が上がるんですね。


むずかしい言葉でこれは、希少性の原理とも言います。

そういう意味で今の時代、エンジニアの希少価値は高いのです。

合わせて、プログラミングの価値も高いと言えます。


プログラミングができるエンジニアは貴重! ということですね。

貴重な仕事だから、プログラミングなどができるエンジニアは、普通より稼げるんです。

具体的にどうやって稼ぐか?

プログラミングとクラウドソーシングを掛け合わせることで、お金を得ることができます。

プログラミングというスキルが持っている価値が、クラウドソーシングなどの市場では求められています。

それではプログラミングとクラウドソーシングで具体的にどうやって稼ぐのか?

見ていきたいと思います。

クラウドソーシングにおける雇用形態

プログラミングなどができるエンジニアとして、クラウドソーシング系のサイトに登録した場合、その雇用形態は大きくわけて2つあります。

  • 請負(うけおい)でプログラミングする

  • 時給でプログラミングする

この2つのどちらかを選択して、プログラミングで稼ぐことになります。

請負(うけおい)でプログラミングして稼ぐ

大工とノコギリ

請負とは、相手からアプリケーションの作成などを依頼されて、それを請け負ってプログラミングすることを指します。

契約上の特徴として瑕疵担保(かしたんぽ)責任と完成責任があるのがプログラミングの請負です。

大工さんが家の建築を「請け負う」のと同じで、エンジニアはアプリの制作をプログラミングで「請け負う」んですね。


クラウドソーシングではプログラミングなどのスキルを使ってアプリを作成し、それを納品することで報酬を得ます。

  • 相手「こういうアプリを作ってください」

  • エンジニア「はい、作ったので報酬ください!」

  • 相手「ご苦労さま。はい、報酬です」

こんな感じですね。


現在のクラウドソーシングなどの相場では、一つのアプリが数万から2、30万というのが多いみたいです。

これ、プログラミングで作った場合、果たして高いのか安いのか

みなさんも気になるところですよね。

請負は相場が安くて儲からない

結論から言ってしまうと、請負で2、30万というクラウドソーシングの相場はかなり安いと言っていいです。

30万ぐらいのアプリの規模だと、クラウドソーシングではだいたい制作にプログラミングなどを行って1か月以上かかる案件が多いです。

つまり、プログラミングなどを頑張って1か月で納品したとしても、月収30万ということですね。

(最悪なのは見積もりが甘く、プログラミングなどに1か月以上かかる場合とかですが、これについてはまた別の機会に)


このクラウドソーシングによるプログラミングの請負で、月収30万というのが高いのか安いのかということです。

会社員で手取り30万なら、地方なら万々歳というところでしょうか。

しかし、自営業で30万というのは、決して高くありません

なぜなら30万から保険、税金などが引かれていくからです。

実績を積むにはいいかもしれない

クラウドソーシングでプログラミングなどを使って、アプリの制作を請け負って稼ぐのは、あまり割に合わない仕事です。

このプログラミングの請負が得になるという人は限られています。それはこういう人達です。

  • 制作会社としてプログラミングで実績を積んでいる

  • 個人開発者としてプログラミングで実績を積んでいる

つまり、みんな実績が欲しいから安くても請け負ってプログラミングするんですね。

言わずもがな、採算度外視の制作、プログラミングです。

時給でプログラミングして稼ぐ

懐中時計

請負のプログラミングが稼げないと知ってガッカリした皆さんに朗報です。

いっぽう、時給によるプログラミングは稼げます

プログラミングとクラウドソーシングと時給労働は、相性がいいんです。

どういうことなのか? くわしく見ていきたいと思います。

最初は時給2,000円ぐらいから

クラウドソーシングとプログラミングで稼ぐなら、最初は時給2,000円ぐらいで雇ってくれる企業を探しましょう。

時給2,000円って、地方のコンビニ・アルバイトの倍ぐらいの時給ですよね。

そんな高時給で雇ってくれるところがあるのか? と思ったみなさん。


もちろん、あります

というか、プログラミングの仕事で時給2,000円はめちゃくちゃ安いです。

そう聞くと、「え? 冗談でしょ?」と感じる方もいるかもしれませんね。


しかし、本当なんです

プログラミングなどができるエンジニアとしてクラウドソーシングで働く場合、時給2,000円はルーキー(新人)の時給です。

ベテランはもっと時給が高いです。


さきほど、プログラミングなどができるエンジニアは希少価値が高いという説明をしてきましたが、ここにきてその意味がわかって頂けたかと思います。

また、普通のアルバイトに比べて、プログラミングは稼げるという理由もわかって頂けたかと思います。


プログラミングができるエンジニアの時給は高い


これが真実です。

時給5,000円を目指そう

戦士の像

時給2,000円がルーキーなら、ベテランはいくらぐらい貰っているのか?

早い話が、時給5,000円を目指せば間違いないです。


クラウドソーシングでプログラミングなどのスキルを使って、時給5,000円を稼げるようになるには、それなりにプログラミングのスキルを身に付けなければいけません

それこそ、フルスタック・エンジニアを目指しましょう。


あなた1人いれば、うちの会社は回る! そう言ってもらえるようになるということですね。

そうなれば、プログラミングで時給5,000円以上を稼ぐのも、夢ではありません

1日8時間、20日働いたとして月収80万はプログラミングで稼げるわけですね。


折を見て企業と交渉すれば、時給は上がります。

ですので、この交渉も大事です。

ルーキーから徐々に実績と交渉を重ねて、時給5,000円を目指しましょう。

有名なクラウドソーシングのサイト

以下が有名なクラウドソーシング系のサイトです。

最近はクラウドワークスが勢いがある感じでしょうか。

いずれのサイトでもプログラミングでお金を稼ぐことが出来ます。

がっつりと時給で稼ぎたい場合はクラウドワークスなどで取引先の企業を探すところからはじめましょう。


プログラミングとクラウドソーシングを使って稼いでみよう

プログラミングとクラウドソーシングを使って月収40万以上を稼ぐにはどうしたらいいのか解説してきました。

月収40万以上を稼ぐのは不可能ではない! ということが、わかって頂けたかと思います。

スキルを付ければ、自然と時給は上がっていきます。

高スキルであればあるほど、希少価値が高いからです。

みなさんもプログラミングの勉強を続けて、高収入をゲットしましょう。

以上、narupoでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク