画像でわかるPythonのインストール方法。Pythonの実行環境を用意しよう

60, 2019-07-23

目次

Pythonをインストールしよう

こんにちは、narupoです。

この記事ではパソコンにPythonをインストールする方法を解説しています。
この記事を読めばパソコンにPythonをインストールする方法がわかります。

手順は以下の通りです。

  • Pythonのダウンロード・サイトを開く

  • Pythonのインストーラーをダウンロードする

  • Pythonをインストールする

  • Pythonを実行する

プログラミングの実行環境(プログラミングができる環境)の用意は、初心者の方には少し難しいかもしれません。
しかし、落ち着いてやればできますので、この記事を読みながらじっくり取り組んでみてください。

ちなみに「インストール」とは、パソコンでプログラムが動くようにすることを言います。
今回の場合は「Pythonのインストール」なので「パソコンでPythonを動くようにする」という意味ですね。

Pythonのダウンロード・サイトを開く

まず、Pythonのダウンロード・サイトを開きます。
ダウンロード・サイトは↓から開いてください。

このダウンロード・サイトはPythonの公式サイトなのでご安心ください。
ふつう、Pythonなどのプログラムは公式サイトからダウンロードします。
くれぐれもあやしいサイトからはダウンロードしないでください

なぜあやしいサイトからプログラムをダウンロードしてはいけないのか?

じつは世の中には悪い人がけっこういるもので、中にはプログラムに細工をして再配布する人もいるんですね。
個人情報を集めるためだったりとか、目的はいろいろですが……。
なので、こういったプログラムはできるだけ信頼性のあるサイトでダウンロードするのが肝心です。

Pythonのインストーラーをダウンロードする

↑の公式サイトのダウンロード・ページを開いたら「Download Python x.x.x」という黄色いボタンがあると思います。

Pythonの公式ダウンロード・サイト

このボタンをクリックするとPythonのインストーラーのダウンロードが開始します。

インストーラーとは?

インストーラーとは、パソコンにPython(などのプログラム)を用意してくれるソフトウェアのことです。
このインストーラーにインストールを任せるとむずかしいことを全てやってくれます。
水戸黄門の助さん格さんみたいなものです。

インストーラーをダウンロードしたら、ダウンロードしたインストーラーをクリックしてインストーラーを起動します。

ダウンロードしたPythonのインストーラーをクリック

インストーラーが起動すると↓こんなウィンドウが出てきます。

Pythonインストーラー

Pythonをインストールする

インストーラーを起動したらいよいよPythonをインストールします。
まず、ウィンドウの下の方に「Add Python x.x to PATH」というチェック項目があります。
ここを忘れずにチェックしてください

インストーラーでパスの追加にチェック

これ、めちゃくちゃ大事です。
なにをやっているのかというと、コマンドプロンプト(いわゆる黒い画面)などでPythonを起動できるようにしています。
つまり、このチェックを忘れてPythonをインストールすると、コマンドプロンプトなどからPythonを起動できなくなります

もちろん、あとから変更することもできますが、初心者の方にはちょっとむずかしいです。
詳しくは知りたい方は

を見てみてください。

コマンドプロンプトとは?

いわゆる黒い画面と呼ばれています。
Pythonなどのプログラムを呼び出せるアプリのことです。
WindowsにはコマンドプロンプトのほかにもPowershellなどがあります。

よく「カタカタカタ……ッターン!」とやっているプログラマがいますが、たいていはこういうコマンドプロンプトなどを操作している時に「ッターン!」となることが多いです。

インストールを実行する

さきほどのチェック項目のチェックが終わったら「Install Now」というボタンをクリックしてインストールを実行します。

インストールの実行

インストールが始まると、↓のように緑色のバー(プログレス・バーと言います)が動き始めます。

インストール中

インストールが完了すると右下に「Close」ボタンが出るので、これをクリックしてインストールを完了します。

インストーラーを閉じる

Pythonを実行する

インストールが完了したので、じっさいにPythonが動くかどうかテストを行います。
このテストでは「コマンドプロンプト」というアプリを利用したいと思います。
ですので、まずコマンドプロンプトを開きます。

コマンドプロンプトを開く

まず、左下の「ここに入力して検索」というバー。

ここに入力して検索

この検索バーに「cmd」と打ち込みます。
親の仇のようにキッチリ打ち込んでください。

すると「コマンドプロンプト」が出てきますので、これをクリックしてください。

コマンドプロンプトを検索する

すると黒い画面が開きます。
ちなみに、これはあやしいアプリではありません
ちゃんとしたプログラミングのツールです。

コマンドプロンプト、見参

コマンドプロンプトからPythonを起動する

つぎに、コマンドプロンプト上でPythonを起動します。
コマンドプロンプトの「>」の隣に半角の小英字で「python」と打ち込んでください。

コマンドプロンプトにpythonと打ち込む

「python」と打ち込んだらエンターキーを押します。
すると↓のようにPythonが起動します。

コマンドプロンプト上でPythonが起動

やったぜ

これはPythonの「対話モード」と呼ばれるモードです。
簡単なプログラミングの確認作業などでよく使われます。

この対話モードから抜けるにはキーボード左下にある「Ctrl」キーと「Z」キーを同時押ししてください。
すると画面に「^Z」と入力されます。あとはエンターキーを押すと、対話モードを終了できます。

PythonからCtrl+Zで抜ける

おわりに

いかがでしたでしょうか。
はじめてのプログラミングなどで、言語の実行環境を用意するのはけっこう難しかったりします。
何回も落ち着いてやっていると慣れてきますので、失敗してもあきらめずに再トライしてみてください。

ちなみにnarupoも昔は実行環境を用意するのが苦手でした。
しかし、何度もやっていると身体が調教されて感覚が麻痺したのでした。

以上、narupoでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク