前へ  |  次へ 

【危険】早食いは早死にする【健康】

262, 2019-12-03

目次

早食いは早死にする?

みなさんは食事のスピードはどんなものだろうか?
普通、または遅い、または早いか。
私はとても早くて、とうとう胃腸の調子を崩して腹痛を抱えてしまった。

この腹痛が辛くて、身体を起こしていても痛いし、身体を寝かせてもちっともよくならないし、なかなか地獄であった。
この時の心境としては「あれ? 俺、腹痛で死ぬのかな?」といった感じであった。
幸い、一日寝たら腹痛は良くなったが、相変わらず腹部にはゴロゴロとした違和感が……。

医者にはなるべく行きたくないので、地元の名薬である百草丸を20粒飲んで過ごすことにした。
この薬は腹痛にも効く、いわゆる万能薬だ。
これでもう一日安静にしていれば治るだろうと踏んでいたのだが、そうではなかった。その日はおかゆを食べて過ごした。

腹部の違和感が治らない

それからもう3日は経っているが、相変わらず腹部にはごろごろとした違和感がある。
胃や腸が荒れているとこういう感じになるのだろうか。
しかし、痛みなどはないので、相変わらず医者には行かず自力で治すことを目標に過ごした。

この間、この腹痛の原因を考えた。
なにかあたりそうなものを食べた覚えはないし、腹を出して寝てたこともない。
考えられるのは、日頃から続けていた早食いだった。

原因

私は食事を済ませるのがとても速い。これは自慢にはならないのが残念だが。
連日のようにさっさと食事を済ませて、自分のやりたいことをやっていた。
そのためか、日頃から下痢気味だった。便の様子がおかしいのだ。硬いものは出ずに、消化不良の売れ残りのような便が連日出ていた。
その便を見て、早食いを早めに改めていればここまで悪化することはなかっただろう。
しかし私は自分の便を見ても危機感を持たずに早食いを続けてしまった。

そして、その時はやってきた。
腹部の猛烈な痛み。体がくの字に曲がるほどの腹痛。

胃腸の逆襲である。
胃腸が私に反逆したのだ。

お前の胃腸なんてやってられねーよ!

ブラック会社! つぶれちまえ!

私は胃腸にブラック労働を無理強いしていた。
経営者失格である。
その結果が今回の腹痛であるから、これは自業自得と言える。

現在

現在は腹痛は治まっており、連日のようにお粥を食べることで過ごしている。
早食いも治そうという努力はしている(たまに忘れるけど)。

早食いは寿命を縮める。
みなさんも早食いにはお気をつけて。

 前へ  |  次へ 

投稿者名です。64字以内で入力してください。

必要な場合はEメールアドレスを入力してください(全体に公開されます)。

投稿する内容です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク