【姿勢】寝ながらパソコンを見ていたら首が痛くなってきた【骨格】

257, 2019-11-27

目次

首の痛み

ここのところ首が痛い。なぜだろう。
思い当たる節は、↓の通りだ。

  • パソコン作業
  • 寝ながらパソコン

まず枕は、寝るときのだ。みなさんは枕と言う物の重要性を十分に認識しているだろうか? 私はしている。現在使っている枕はタオルケットと生地、それから座布団を使ったお手製の枕で、この枕にしてからと言うもの私は安眠を得ることが出来た。長らく不眠症に苦しんでいたのだ。
この枕が原因で首が痛くなるということはあり得るだろうか? 可能性としてはあり得る。この枕は普通より低い枕で、私が仰向けになっている状態が一番フィットするように調整されている。そのため横向きの姿勢になると若干高さが足りなくなるのだ。よって横向きの姿勢で長時間寝ていると首に負担をかけることになる。
書いてて思ったが、これかもしれない

もう一つはパソコン作業だ。私は仕事などでディスプレイを2枚使っている。そのため脇に置いているディスプレイを見るために顔の方向を斜めにすることが多い。これが原因で首に負担がかかっている可能性がある。
しかし、負担の度合いから考えてこれが原因である可能性は低い。

最後は寝ながらパソコンだ。私は休憩中などに横になってパソコンを見ることがある。Youtubeやネットサーフィンをして時間を潰すのだ。このとき、くだんの枕が低いために首に負担をかけているという可能性だ。

原因

結論としては以下が原因だろうと思われる。

  • 横になる時の枕が低い
  • 横になりながらパソコンを長時間見ている

これらが要因となって首に負担をかけ、おそらく骨格を歪めてしまったのだろう。

感想

私は一度、膝を見てもらうために整骨院に通っていたことがある。この時も原因は寝ながらパソコンだった。まぁこの時はうつ伏せになりながらのパソコンが原因だったのだが。

その一件と今回の一件でわかるのは、パソコンというものは寝ながら使うと著しく健康を損なうものだということだ。
パソコンは机と椅子を用意し、椅子に背筋を伸ばして両足をついて座り、使うものだ。おそらくそれ以外の姿勢では何らかのストレスが出るのだろう。まぁ椅子を使う場合も腰に負担をかけるのだが……。

人間の身体はまだ発展途上にあるのだろう。二足で長距離ランナーのように獲物を追いかけ狩りをしていた我々は、今ではあられもない姿で長時間の労働、娯楽を強いられている。パソコンやスマホがそうだ。その結果、腰を痛め、首を痛め、目を痛める。この痛みの経験は次の遺伝子へと改善した形で引き継がれる。つまり、環境に適応する。我々の腰は強くなり、首も太くなって目も丈夫になる。ただし、途方もない犠牲の上でだ。

我々は悲しいかな、その犠牲になる先祖の一人である。強く生きねばならない。

投稿者名です。64字以内で入力してください。

必要な場合はEメールアドレスを入力してください(全体に公開されます)。

投稿する内容です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク